アンチエイジング対策

アンチエイジング対策

年齢とともに肌が衰えていくのを、遅らせるための対策が、「アンチエイジング」です。その中には、
スキンケアはもちろん、生活や食事の習慣などもあります。

 

守りと攻めのお手入れを

 

肌の老化を遅らせるためには「守りのスキンケア」と「攻めのスキンケア」をおこないましょう。
両方を取り入れることで積極的なアンチエイジングが可能になります。

 

 

守りのスキンケア

 

紫外線から肌を守るお手入れ
紫外線対策は、1年通してとり入れていかなくてはなりません。

 

肌へ栄養を与えるお手入れ
ビタミンB群、C、Eなどを、お手入れに取り入れるようにします。必ずとり入れたいのが、
ビタミンC誘導体です。コラーゲン合成促進、美白など、様々な効果があるためです。
さらに抗酸化成分も+するとよりよいです。「老化=酸化」であること解明されたので
試してみる価値ありです。

 

 

攻めのスキンケア

 

積極的に代謝を高めたり、コラーゲンを増やしたりするお手入れで、ピーリング剤やレチノール
がこれに相当します。ピーリングを続けると、表皮はふっくらとして、真皮のコラーゲンも増えます。
美白効果もあります。

 

 

年齢に合わせたアンチエイジングを

いつから老化対策をすればよいのかというと、おおまかではありますが、「守りのスキンケア」
である紫外線対策は10代から始め、20代になったらビタミンC誘導体配合の化粧水を使うように
心がけ、30代からは「攻めのスキンケア」であるレチノールやピーリング剤などを配合した化粧品を
使う、という方法をおすすめします。

 

 

抗酸化作用のあるポリフェノールやビタミン類を取り入れる

紫外線が生み出す活性酸素を除去するのが「抗酸化物質」です。このような体内抗酸化物質は、
年齢とともに減っていきます。そのため、食べ物などから抗酸化物質を補うことが必要です。

 

抗酸化物質を含む食べ物をとって紫外線と老化を予防します。ビタミンA・C・Eやポリフェノール
(カテキン、フラボノイド、リグナン、イソフラボンなど)がすべて抗酸化物質です。これらを効率よく
とり入れましょう。

アンチエイジング対策関連ページ

アンチエイジングのスキンケア
アンチエイジングをしたい人におすすめのスキンケア方法を紹介いたします。
美肌になるアンチエイジング成分の種類
美肌になるアンチエイジング成分の種類について紹介しています。より進んだアンチエイジングのスキンケアが可能になります。