美肌の正しいスキンケア方法、簡単美肌の秘訣

美肌のためのファンデーション選び方

さまざまなタイプが市販されているファンデーション。どんなものを選んだらよいのでしょうか?
美肌のためのファンデーションの選び方を紹介します。

 

クリームやリキッドタイプのファンデーションは乳化剤使用のものが多い

クリームやリキッドタイプのファンデーションは、乳液のようなものの中に、顔料を分散させてつくられ
ています。分離しやすいので、乳化剤で安定させていますが、乳化剤は界面活性剤とほぼ同じ
ものですから、多すぎれば肌への刺激となりトラブルをまねきます。また、これらは水分を含むため
腐りやすく防腐剤も必要になります。クリームやリキッドタイプのほうが仕上がりはしっとりしている
ように見えますが長い目でみると肌に優しいとはいえないのです。

 

パウダーファンデーションがおすすめの理由

パウダーファンデーションは乳化させる必要がなく、水分を含まないので防腐剤もあまり必要あり
ません。ファンデーションのなかでは、パウダータイプが肌にやさしいものが多いのです。

 

またパウダータイプは紫外線防止効果が高いというメリットもあります。ただ、パウダータイプでは
粉吹きしてつけづらいという人もいます。そういう人はしっとりタイプのパウダーファンデーションを
試してみてはどうでしょう。それでもうまくいかない人には練上ファンデーションというのもあります。

 

ファンデーションの代わりにルースパウダーを活用する

 

ルースパウダー(粉おしろい)は、クリームやリキッドタイプのファンデーションの上から仕上げに
使う人が多いようですが、ファンデーションの代わりに使うこともできます。保湿美容液でたっ
ぷり保湿し、その上にルースパウダーをつけるだけで、軽いカバー力とUVカット効果が期待
できます。肌があれてメイクののりが悪いときは、保湿美容液+ルースパウダーだけのほうが、
かえってきれいに仕上がることもあるので、ぜひ活用してみてください。

 

 

ファンデーションの特徴 タイプ別

 

クリーム、リキッド 練り状 パウダー

乳液のようなものの中に、乳化剤を使って顔料を安定させています。多くの場合、防腐剤が使われ、油分や顔料もパウダーよりも多く使われています。

  

顔料に少量の油分を加えて練ったものです。多くは固形で、コンパクトタイプかスティック状等のかたちをしています。水分を含まないため、乳化剤や防腐剤を含みません。

 

 

 

水分を含まないため、乳化剤が使われていません。防腐剤も少なく、肌に優しいファンデーション。こちらの方法でつければ、粉浮きすることもありません。

 

 

 

 

美肌のためのファンデーション選び方関連ページ

パウダーファンデーションのつけ方
パウダーファンデーションのつけ方を紹介しています。