美肌の正しいスキンケア方法、簡単美肌の秘訣

美容液のおすすめ

美容液とはどんなものか

 

美容液の特徴は、保湿成分や美白成分など、有効成分が豊富に含まれていることです。肌に
うるおいや栄養を与える、スキンケアのメインとなる重要なアイテムです。美容液は密度が濃くて、
そのぶんサイズは小さめなものが多いようです。

 

各メーカーがいろいろなものを美容液として発売しています。ジェル状のものやクリームのように
コクのあるもの、化粧水のように水っぽいもの、テクスチャーも様々です。

 

 

美容液の選び方

 

美容液を選ぶときは、配合されている成分を確認しましょう。保湿から美白、アンチエイジング
など、いろいろな成分を含むものがあります。

 

保湿目的で選ぶなら、保水力にすぐれたセラミドがおすすめです。セラミドは水溶性の物質
ではないので化粧水には配合しにくいもの。ある程度の油分を含んだ美容液として取り入れる
ほうが効果的です。

 

セラミドなどの保湿成分を含む美容液を、基本の一本として用意します。肌に合う1本が
見つかったら、むやみに買い替えてはダメです。シーズンごとに替える必要もありません。

 

シミ・シワの予防など、さまざまな効果をうたった美容液がありますが、1本で保湿も美白も
シワ対策も、というのはむずかしいもの。有効成分がしっかり入ったものを、もう1本別に用意
しましょう。

 

2本の美容液を使うときには、さらっとしたものを先に、コクのあるものをあとに塗るのがポイント
です。

 

美容液の種類とそれぞれの特徴

 

保湿美容液
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分が配合されたもの。肌の水分をキープ
して、うるおいを逃さない効果があります。

 

美白美容液
ビタミンC誘導体やアルブチン、カモミラETなど、美白成分を含むもの。シミのものであるメラ
ニンの生成をブロックするなどの作用があります。

 

アンチエイジング美容液
レチノールやナイアシン、ポリフェノールなどの有効成分を配合したもの。ハリや弾力のもとと
なる線維芽細胞に働きかけるものが多くあります。

 

 

 

美容液のつけ方

 

洗顔後化粧水、美容液を顔全体につけます。美容液は最低でも10円玉大くらい、乾燥が
気になるときはその2〜3倍はつけます。

 

つけかたやつける順番は、化粧水も美容液も同じです。
面積の広い頬や額は手のひらや指の腹で押さえるように、デリケートで細かい目元や口元は
指先でやさしくなじませます。こすったり、たたきこむのは肌を傷つけるだけです。優しく手早く
つけましょう。

 

美容液の正しいつけかた

 

1.美容液を適量手のひらにとる
基本的には説明書どおりの量でOKですが、保湿美容液なら乾燥具合に合わせて量を調節
するようにしてください。

 

2.てのひらで抑えるようになじませる
両手のひらに美容液を広げて、両手で押さえるように、頬からなじませていきます。目のまわりや
小鼻などの細かい部分にもていねいにつけましょう。

 

3.マッサージする感覚でさらに浸透アップ
顔全体につけた美容液を内側から外側向きにマッサージしながら、さらになじませていきます。
ただし、敏感肌の人はこのステップは省略してください。(中指と薬指を使って優しくすべらせる
ようになじませるのがポイント)

 

4.仕上げに押さえてなじませて
目のまわりやフェイスラインを、手にひらや指の腹で押さえてなじませましょう。

 

美容液関連ページ

クレンジング料
美肌になるクレンジング料の種類やクレンジング方法を紹介しています。
洗顔料
洗顔料の選び方、基本の美肌洗顔方法など紹介しています。きちんと洗顔をして肌の汚れを落としましょう。
化粧水
美肌の化粧水選び方、化粧水のつけ方を 紹介しています。
乳液
乳液はどうして使うのか?正しい乳液のつけかたを ご紹介します。
クリーム
クリームはどうして使うのか、おすすめのクリーム やクリームの使い方を紹介しています。
美肌のためのファンデーション
美肌になるための美肌のファンデーションに ついての説明です。自分にあったファンデーションを選びましょう。