クレンジング料

正しいクレンジング方法・クレンジングの種類

クレンジングが必要なのはどうしてか

 

クレンジングで落とすものは、油性のメイクアップ料です。そのため、メイクをしている日は
クレンジングの必要があります。では、そのクレンジング料は何でできているのかというと、
油分と水をなじませるための、界面活性剤プラスアルファです。油性のメイクアップ料を
肌から浮き上がらせて落とすには、油分がどうしても必要です。さらに、洗い流す際の
水と油分をなじませる橋渡し役として界面活性剤が配合されています。

 

これらの油分と界面活性剤、水の配合量などが変わると、オイルタイプやクリームタイプ
などの形状に分けられる仕組みになっているのです。

 

クレンジング料の選び方

クレンジングはその形状により刺激の強さが変わります。また、落ち具合なども形状ごと
に特徴があります。クレンジング料を選ぶ基準は、自分のメイクの濃さに合わせて使い
分けるのがおすすめです。

 

ふだんのメイクが濃ければ、メイクオフ力も高くないと落ちにくく、また休日の薄いメイク
なら弱めでも充分落ちます。ただし、メイクオフ力の強いものは当然肌の負担に
なります。

 

比較敵肌に優しいのは、洗い流すクリームタイプ、次に乳化ジェル(透明でなく白いもの)
です。反対にもっとも肌をいためるのは、シート状などのふきとりタイプのものと、オイル
タイプです。

 

 

クレンジング料の種類と肌への刺激

 

シートタイプ
「油分でメイクを浮かせる」というプロセスを省略し、界面活性剤の洗浄力だけで
落とす。そのため肌ダメージが大きい。さらに、拭くときにどうしても肌に小さな傷がつき
やすい。

 

オイルタイプ
強力な界面活性剤でもっともよく落ちるが、肌ダメージもかなり大きい。とくにメイクの
濃い日だけに限定したい。

 

ジェルタイプ
リキッドに近いものは界面活性剤が多く、肌への負担は大。クリームのような乳白色
タイプならOKです。

 

クリームタイプクレンジング料おすすめクリーム1位
適度な脂分を含み、界面活性剤も強すぎない。肌への優しさと落とす効果の
バランスがよい。ただし、メーカーにより多少ばらつきがあります。

 

ミルクタイプ
肌には優しいものの、水分が多いので、メイクオフ力はいまひとつ、薄づきメイクの
人向きです。

 

 

クレンジング方法

クレンジングは時間をかけてメイクをしっかり落とさなければならないというのは間違いです。
界面活性剤が肌にふれている時間が長くなれば、肌へのダメージも大きくなるので、
できるだけ手早くすませることが大切です。

 

まずは、乾いた肌にメイク落としを指でなじませます。皮膚の丈夫なTゾーンからのばし
はじめ、次にUゾーン、最後にいちばん皮膚が薄い目元と口元にのばします。
全体になじませたらぬるま湯で洗い流します。クレンジングにかける時間は、40秒〜60秒
くらいが理想です。

 

ぬるま湯で流した後の肌を見ると、メイクが少し残っていることもありますが、ここでクレンジ
ングをやり直したりしてはいけません。残ったメイクは、このあと洗顔料で落とせます。
すべて落とそうとしてゴシゴシこすると、肌の角質層が痛んで肌荒れの原因になり、シミや
シワなどの肌老化を早まることになります。クレンジングでは、汚れが6割程度落ちて入れば
十分なのです。

クレンジング料関連ページ

洗顔料
洗顔料の選び方、基本の美肌洗顔方法など紹介しています。きちんと洗顔をして肌の汚れを落としましょう。
化粧水
美肌の化粧水選び方、化粧水のつけ方を 紹介しています。
美容液
美容液の種類や特徴、美容液の選び方から 美容液のつけ方を紹介しています。 正しい美容液をつけて美肌を目指しましょう。
乳液
乳液はどうして使うのか?正しい乳液のつけかたを ご紹介します。
クリーム
クリームはどうして使うのか、おすすめのクリーム やクリームの使い方を紹介しています。
美肌のためのファンデーション
美肌になるための美肌のファンデーションに ついての説明です。自分にあったファンデーションを選びましょう。