洗顔料

美肌になる洗顔方法

洗顔の役割

メイクをしなかった日も、1日中ずっと家にいた日も、肌はかなり汚れます。だから水洗い
だけでは済まさず、洗顔料を使ってきちんと洗顔しましょう。洗顔料は、クレンジング料では
落ちない毛穴の汚れや垢をきれいにしてくれます。

 

洗顔料の選び方

 

洗顔料には、ジェル、リキッド、パウダー、フォーム、固形石鹸など、いろいろなスタイルが
あります。また、美白や保湿などの成分が加えられているものもありますが、洗顔料の
目的は肌の汚れをしっかり落とすことですから、洗浄力を第一に考えて選びましょう。
美白や保湿などの成分は、すすげば流れてしまうので、あまり意味はありません。

 

洗顔料としておすすめなのは、シンプルな固形石鹸です。洗浄力にもすぐれていて、
肌に負担がかかりにくく、余分なものも残しません。

 

オイリー肌なら浴用石鹸、皮脂が少なめのノーマル〜ドライ肌の人は、洗顔石鹸を選ぶ
とよいでしょう。

 

 

洗顔料の形状別の特徴

 

固形石鹸洗顔料おすすめの固形タイプ1位
シンプルな固形石鹸は、余分な油をあまり含まないものが多い。オイリー肌の人なら、
浴用石鹸を使ってもよいでしょう。

 

洗顔フォーム(クリーム、リキッド)
肌への負担は、強いものから弱いものまでさまざまです。しっとりタイプの多くは30〜40%の
油分を含み、肌に油膜を残すしくみ。

 

パウダータイプ
洗顔フォームと同様に、洗浄力が強いものから弱いものまでさまざまです。

 

泡タイプ
手早くさっと洗顔できるのが便利ですが、強い界面活性剤を配合しているものもあり、選び方は
難しいです。泡の固いものは、発泡剤が多く含まれる傾向にあります。

 

泡立たないタイプ
超しっとりタイプ。洗浄力が弱く汚れが充分に落ちないので、水でもしみるほど肌荒れがひどい
人以外にはおすすめできません。

 

基本の美肌洗顔法

 

洗顔の基本は、汚れを泡で包み込んで落とすことです。洗顔料は、肌にのせただけで汚れを
落としますから、こすりすぎると肌をいためます。また長時間肌の上にのせていると、やはり肌への
ダメージになります。

 

そこで重要なのが、洗う順番です。皮脂量が多いTゾーンからはじめ、Uゾーン、皮膚が弱い
目もと、口もとの順に泡をなじませ、ぬるま湯でていねいに流します。
指でさわって、キュッというくらいの洗い上がりなら、しっかり洗えています。朝と夜、季節
メイクの濃さなどに合わせて洗顔料を使い分けるのもよいでしょう。皮脂量や汚れが多いときは、
洗浄力が強めの石鹸を使います。

 

 

基本の美肌洗顔方法

 

1.手をよく洗い、顔をぬるま湯で少しぬらしてから、てのひらで石鹸をよく泡立てる

 

2.T→Uゾーンの順に洗う (額⇒鼻⇒頬〜あご⇒目元、口元)

 

3.ぬるま湯でよーく流す

 

4.洗い流したあとの指の感触でチェックして、皮脂や汚れが残っていたら、部分的に2度洗いします。
すすぎ残しにも注意し、熱いお湯は刺激が強く、肌をいためることに。ひと肌くらいのぬるま湯
で、生え際などに泡が残らないようにていねいに流す。

 

 

 

洗顔料関連ページ

クレンジング料
美肌になるクレンジング料の種類やクレンジング方法を紹介しています。
化粧水
美肌の化粧水選び方、化粧水のつけ方を 紹介しています。
美容液
美容液の種類や特徴、美容液の選び方から 美容液のつけ方を紹介しています。 正しい美容液をつけて美肌を目指しましょう。
乳液
乳液はどうして使うのか?正しい乳液のつけかたを ご紹介します。
クリーム
クリームはどうして使うのか、おすすめのクリーム やクリームの使い方を紹介しています。
美肌のためのファンデーション
美肌になるための美肌のファンデーションに ついての説明です。自分にあったファンデーションを選びましょう。