敏感肌のケア方法

敏感肌のケア方法

敏感肌には2タイプあります。間違ったスキンケアによってみずから敏感肌を招いているタイプと、
生まれつきの肌質によるタイプです。そして、間違ったスキンケアによってみずから敏感肌を
招いているタイプの人が思いのほか多いのです。

 

間違ったスキンケアは、肌をあらしたり乾燥させたりする原因になります。すると、角層の
バリア機能が壊れて外からの刺激を受けやすくなり、肌が敏感に傾いてしまいます。こういう
場合はスキンケアを直せば敏感ではなくなるので、真の敏感肌とはいえません。

 

間違ったスキンケアとは、クレンジングのやりすぎや肌に負担となる日焼け止め化粧品を塗る
こと、合わない化粧品を使うことなどをさします。また寝不足など不規則な生活は、肌の
抵抗力を低下させ、デリケートな肌状態をつくりだすので注意しましょう。

 

このようなタイプに該当せず、スキンケアも生活面もきちんとできていても敏感な場合は、
真の敏感肌だといえます。

 

真の敏感肌は、もともと肌が薄い、乾燥しやすい、外からの刺激に過剰に反応しやすい
などの特徴があります。そして、普通の人が刺激と感じない程度の微妙な刺激に
反応します。たとえば、髪が触れるだけでかゆいとか、化粧水に含まれているわずかな
アルコールでかぶれて赤くなる、などです。

 

このような場合、まずは低刺激の化粧品を使います。スキンケアアイテムもシンプルにして、
何品もつけるのは避けます。

 

生理前や寝不足のときなど、一時的に敏感になる人もいます。その場合は、クレンジングは
使わず石鹸洗顔のみにして、洗顔後は保湿美容液だけをつけます。メイクは軽めの
ルースパウダーやパウダーファンデーションを使いましょう。