ボディの肌ケア

ボディのスキンケア

 

きになるボディの肌の悩みを解決します。背中のニキビをどうにかしたい、手足の肌荒れ、カサカサした乾燥がきになる、唇がすぐにひび割れてしまう、頭皮のフケが多くて困るなど肌の悩みは顔だけでなくボディにもおよびます。ボディの肌の悩みも正しいスキンケアをすることで解決できます。

 

日常生活では、顔ばかり気にしてしまいどうしても他のパーツはおろそかになりがちです。

 

ボディは、手、足、背中、唇など、パーツによって肌の性質が異なるのが特徴です。それぞれの肌の状態に合わせて、適切なスキンケアがポイントになってきます。

 

正しいボディのお手入れ方法を紹介していますので、しっかりマスターして、全身ツルツルすべすべで、ビューティーなボディを目指しましょう。

 

ボディの肌ケア記事一覧

背中と胸のニキビスキンケア方法

綿タオル+固形石鹸で肌を清潔に保ちましょう背中や胸は、体の中でも顔の次に皮脂腺がたくさんある部位です。そのため皮脂の分泌が多くニキビができやすいのです。予防のためには、皮脂や汗をしっかり落とし清潔にすることが大切です。しかし体をナイロンタオルでゴシゴシこすることはいけません。体を洗うときは、ナイロン...

≫続きを読む

 

ボディのカサカサする部分のスキンケア方法

カサつく部分には尿素配合クリームがよい肌にもともと存在するセラミドなどの保湿物質は、水に触れるだけで流れ落ちて失われてしまいます。お風呂上りにカサカサするのは、それが原因なのです。カサカサを防ぐには、顔と同様、ボディにも保湿ケアが必要です。ボディは部位により皮脂の分泌量が違うので、保湿ケアも部位ごと...

≫続きを読む

 

手荒れのスキンケア方法

手をぬらしたらクリームを塗る習慣をつける手あれは、仕事で頻繁に手を洗う人や家庭で水仕事をする人に多い肌トラブル。でも、どんなに手があれていても手を使わずに生活はできません。そのため一度手あれが起こると、角層のバリア機能が壊れ、悪循環を繰り返して治りにくくなります。特に、日常的に水洗いのある主婦に多く...

≫続きを読む

 

かかとの角質のスキンケア方法

かかとのガザガサやひび割れの正体は、厚くなった角質。かかとには皮脂腺が少なく刺激も多いため、角質肥厚が起こりやすいのです。解決策は古い角質を取ることですが、それだけでは、またすぐ新たな角質がたまるので、取ったあとの保湿ケアが重要です。角質ケアのコツは、入浴や足湯で肌表面をやわらかくして行うこと。余分...

≫続きを読む

 

唇の荒れのスキンケア方法

ハチミツとワセリンのパックが効果的ガサガサしてひび割れてたり、皮がむくれてしまったりなど唇の荒れ。そもそもなぜ唇が乾燥しやすいかというと、唇は粘膜と皮膚の境界線で、肌のように皮脂分泌ができないからです。また唇の角層は極めて薄いのです。唇があれているときは、皮をむしるのは厳禁です。舌でなめる癖も、よけ...

≫続きを読む

 

頭皮のフケ・かゆみのスキンケア方法

乾燥を避けて椿油などで保湿するきちんとシャンプーしていても、フケが出る、頭皮がかゆくなるという人は「脂漏性皮膚炎」の可能性が大きいです。脂漏性皮膚炎は、頬だけでなく、頭皮にも起こるのです。対策としては、適度にシャンプーをして、清潔に保つことが大切。敏感肌用のシャンプーを使い、爪を立てず指の腹でやさし...

≫続きを読む

 

水虫のスキンケア方法

水虫の原因は、白癬菌というカビの一種です。不特定多数の人が裸足で歩くプールや温泉などでの感染例がよく見られます。こういう場所に行ったあとは寝る前に足を必ず洗っておきましょう。共同施設など、ありとあらゆる場所で白癬菌は確認できますので、毎日必ず清潔に洗いましょう。もし水虫になってしまったら、市販の薬で...

≫続きを読む

 

むだ毛のスキンケア方法

毛を抜くことは皮膚の一部をちぎることになるむだ毛処理は、どうしても肌に負担をかけてしまうと心得てからおこないましょう。とくにカミソリなどで「剃る」よりも、毛抜きなどで「抜く」ほうが、肌へのダメージは大きくなります。というのも、抜くという方法では、皮膚の一部をちぎることになるからです。毛は、毛根にある...

≫続きを読む

 

除毛の方法

除毛の方法剃る電気カミソリ安全カミソリ穴の中に毛を引き込みながらカットしていく ので、深剃りができる。ただし、そのぶん、 皮膚までいっしょに切ってしまうことも。その 傷口からかゆみが出たり、シミになったり することもあります。  T字型の安全カミソリは、自分で細かい手加減がしやすいのが特徴。毛穴が鳥...

≫続きを読む

 

紫外線について

美肌の最大の敵でもある紫外線肌にダメージを与える最大の原因は紫外線です。いわゆる肌の老化と呼ばれるものは、加齢を除けばこの紫外線が主犯です。生涯紫外線を浴びなければ、しみもしわもないキレイな肌のままでいられるはずだと考えられています。日々のスキンケアでどんなにキレイな肌をつくっても、ひとたび紫外線に...

≫続きを読む