除毛の方法

除毛の方法

除毛の方法

 

剃る

電気カミソリ 安全カミソリ

穴の中に毛を引き込みながらカットしていく ので、深剃りができる。ただし、そのぶん、 皮膚までいっしょに切ってしまうことも。その 傷口からかゆみが出たり、シミになったり することもあります。 

T字型の安全カミソリは、自分で細かい手加減がしやすいのが特徴。毛穴が鳥肌のようにボツボツと立っている人は、深剃りの 電気カミソリだと肌を傷つけやすいので、 こちらのほうが向いている。ただし、剃った あとに肌が乾燥して、かゆくなることもある。

 

抜く

毛抜き テープ

毛抜きを使って1本ずつ毛を抜く方法。 手間がかかるうえに、トラブルが起きや すい。わきをずっと毛抜きで抜いている と皮膚が硬くなり、つれたようになる こともある。また皮膚の下に埋もれた 「埋没毛」ができ、そこから毛嚢炎を 起こすことがある。

除毛したい部分に粘着力のある 専用のテープを貼って、はがし取る 方法。一度にたくさん抜ける手軽 さはあるが、そのぶんダメージも 大きい。また、ワックスと違って、 角質もいっしょにはがしてしまうこ とも多い。肌の弱い人は極力控え たい。

ワックス 家庭用脱毛機

温めたワックスを皮膚に塗り、冷えて 固まったらはがす。皮膚が温められ るため、毛抜きやテープなどより 若干負担は少ない。またパラフィン パックと同じ原理で、除毛後に 肌がしっとりする保湿効果も。

電気式の脱毛機で、皮膚を温め たり、まわりの皮膚を押さえたり しながら抜くので、毛抜きよりは肌へ の負担は少ない。しかし、抜くことに 変わりはなくトラブルも多い。 「永久脱毛できる」などとうたった 家庭用脱毛機があるが、抜いて いる限りまた生えてくる。 「レーザー照射で永久脱毛」という 商品も出回っているが、レーザー 医療機関でしか扱えないので、 家庭用として販売されることはない。

 

 

 

除毛のルール

 

ルール1
除毛する部位の皮膚を清潔にしてから行う。除毛をすると、どうしても皮膚が傷ついてしまいます。
皮膚を清潔にしておかないと、傷から雑菌が入ってしまうおそれがあります。石鹸でていねいに
洗っておきましょう。

 

ルール2
皮膚も毛も、温度が下がると硬くなり処理しにくくなります。除毛する部位の皮膚を温めておくの
も大切です。お風呂上りに温まっているタイミングか、蒸しタオルをあててから行うとよいでしょう。

 

ルール3
除毛した部位に水で冷やしたタオルなどをあてて、しばらくおきます。これは除毛による炎症を
抑えるためです。

 

ルール4
風邪気味や生理前、寝不足など、体調が悪いときは皮膚の免疫力が落ちています。こうし
たときに除毛すると、トラブルを起こしやすく傷の治りも悪くなります。体調がすぐれないときは
控えましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

除毛の方法関連ページ

背中と胸のニキビスキンケア方法
背中と胸はニキビができやすいです。ニキビスキンケア方法で、肌を清潔に保ち、背中と胸のニキビを予防しましょう。
ボディのカサカサする部分のスキンケア方法
ボディのカサカサする部分のスキンケア方法を紹介しています。カサカサを防ぐには、保湿ケアが必要です。
手荒れのスキンケア方法
手荒れのスキンケア方法について紹介しています。 ハンドクリームを塗るのを習慣にしましょう。
かかとの角質のスキンケア方法
かかとの角質のスキンケア方法を紹介しています。かかとの角質ケアのコツがわかります。
唇の荒れのスキンケア方法
唇の荒れに効果的なスキンケア方法を紹介しています。ふっくらツヤやかな唇をめざしましょう。
頭皮のフケ・かゆみのスキンケア方法
頭皮のフケ・かゆみのスキンケア方法について紹介しています。乾燥を避けて保湿をしましょう。
水虫のスキンケア方法
水虫のスキンケア方法を紹介しています。 足を長時間蒸らさないようにすることも大切です。
むだ毛のスキンケア方法
むだ毛のスキンケア方法を紹介しています。むだ毛の処理方法は無理のない方法を選んで行ってください。
紫外線について
美肌の最大の敵でもある紫外線について紹介しています。紫外線対策のことも解説していますので参考にしてみて下さい。