紫外線対策

紫外線について

美肌の最大の敵でもある紫外線

 

肌にダメージを与える最大の原因は紫外線です。いわゆる肌の老化と呼ばれるものは、加齢を除けばこの紫外線が主犯です。生涯紫外線を浴びなければ、しみもしわもないキレイな肌のままでいられるはずだと考えられています。日々のスキンケアでどんなにキレイな肌をつくっても、ひとたび紫外線にさらされたら肌はズタズタになってしまいます。夏の晴れた日の正午ころの紫外線なら3分間浴びただけで肌にしわをつくる遺伝子が働き始め、10分間浴びれば免疫力が落ちます。20分間も浴びれば肌は赤くなるが、このときにはもはや手遅れの状態なのです。ふだんからいかに紫外線を防ぐかが美肌をつくるポイントといえます。

 

紫外線には紫外線A紫外線Bがあって、肌にどんな影響を与えるかが異なります。

 

紫外線Aは真皮にまで達してコラーゲンをつくる細胞を傷つけ、またコラーゲンを切断する酵素の働きを強めて、じわじわとしわやたるみをつくっていきます。また紫外線Aは活性酸素をつくってDNAを傷つけます。皮膚ガンを発生させることもあるから十分な注意が必要です。ガラスを通して室内にも入ってくるやっかいなシロモノでもあります。

 

一方の紫外線Bは、表皮に炎症(日焼けで赤くなるサンバーンと、黒くなるサンタンとがある)を起こす紫外線です。一般に紫外線という場合はこの紫外線Bのことで、表皮基底層(表皮の最下層)の色素細胞に直接あるいは表皮細胞の90%以上を占める角化細胞に働きかけ、多様な物質をつくらせて、それらが間接的に肌を黒くしたりしみ、そばかすをつくったりします。肌を乾燥させるので、当然しわもできてしまいます。しかし、なんといっても紫外線Bの怖さは、皮膚ガンやしみ・しわなど光老化の原因であることです。

 

紫外線Bの量は季節、天気、緯度などによって変化します。日本では5月〜8月にかけてもっとも紫外線Bが強くなります。冬に比べると夏は約5倍もの紫外線Bが降り注いでいるのです。また、赤道に近いほど照射量は増えます。国内で比較しても、沖縄や鹿児島の年間の紫外線B量は、北海道の1.6倍から2倍に達します。紫外線B量が多い南の地域は北に比べると皮膚ガンやガンの一歩手前の前ガン症(日光角化症)患者の発生率が数倍高いです。

 

 

紫外線対策を今すぐ始めよう

紫外線対策

もっとも有効な紫外線対策は日焼け止めを塗ることです。紫外線は1年中降り注いでいるので、日焼け止めも年間を通じて使用するのがよいです。紫外線Aは厚いガラスでも透過するし、紫外線Bも一般家屋のガラス程度なら少量は透過してしまいます。外出しなくても日焼け止めは使用したほうがよいです。

 

また、とくに紫外線の強い夏場には日傘が必須アイテムです。色は黒い方が紫外線防止効果が高いですが、それほど色にこだわる必要もありません。日傘なら色、素材にかかわらず90〜50%の直射日光を防いでくれます。ただ、日傘と肌の距離が30cm離れると紫外線の遮断率は40%にまで激減してしまうので、傘はあまり高く持ち上げないようにします。

 

衣服の素材としてはポリエステルや羊毛の紫外線遮断率が高いです。夏場はポリエステルと綿の混紡素材の服がおすすめです。帽子はつばが7cm以上あるものなら、顔に当たる紫外線の約60%をカットしてくれます。

 

紫外線について関連ページ

背中と胸のニキビスキンケア方法
背中と胸はニキビができやすいです。ニキビスキンケア方法で、肌を清潔に保ち、背中と胸のニキビを予防しましょう。
ボディのカサカサする部分のスキンケア方法
ボディのカサカサする部分のスキンケア方法を紹介しています。カサカサを防ぐには、保湿ケアが必要です。
手荒れのスキンケア方法
手荒れのスキンケア方法について紹介しています。 ハンドクリームを塗るのを習慣にしましょう。
かかとの角質のスキンケア方法
かかとの角質のスキンケア方法を紹介しています。かかとの角質ケアのコツがわかります。
唇の荒れのスキンケア方法
唇の荒れに効果的なスキンケア方法を紹介しています。ふっくらツヤやかな唇をめざしましょう。
頭皮のフケ・かゆみのスキンケア方法
頭皮のフケ・かゆみのスキンケア方法について紹介しています。乾燥を避けて保湿をしましょう。
水虫のスキンケア方法
水虫のスキンケア方法を紹介しています。 足を長時間蒸らさないようにすることも大切です。
むだ毛のスキンケア方法
むだ毛のスキンケア方法を紹介しています。むだ毛の処理方法は無理のない方法を選んで行ってください。
除毛の方法
除毛の方法について紹介しています。自分に合った除毛方法で行うようにしましょう。