乾燥肌の原因

乾燥肌の原因

乾燥肌の原因について簡単に解説いたします。

 

健康な肌状態は表皮のターンオーバーがスムーズで、角質層の細胞の間にセラミドなどの保湿成分が十分にある状態です。保湿成分が水分をしっかりキープし、外の刺激から肌を守るバリア機能も正常です。

 

乾燥した肌の状態は、加齢などが原因で保湿成分が少なくなり、角質層の水分が不足します。これが「乾燥肌」といわれる状態です。角質層が乱れ、肌の表面がカサついてくるのが特徴です。

 

乾燥肌の原因は水分不足&バリア機能の低下です。

 

それと、乾燥肌=老化現象との認識も必要です。乳幼児にはありえない肌ですからまぎれもなく老化現象の始まりの可能性があるという認識も必要になります。しかし、皮膚が弱く、食器洗いの洗剤が強くて手がカサカサになる場合や手の洗いすぎ、または、化粧品が合わなくて手がカサカサになるケースもあります。

 

また、人間の水分保持率は10代より20代、20代より30代と年齢を重ねると、どんどん保持力が下がります。赤ちゃんの頃のあのもちもちした肌触りは、10代になると既に失われています。

 

だからこそ、何もしないと衰える肌ですから、しっかりと維持、改善するためにもスキンケアが重要になります。

 

年齢を問わず乾燥肌にはなりますが、乾燥肌の原因を知ることで、適切な乾燥肌対策ができると思いますので、きちんとしたスキンケア対策で少しでも潤いのある肌を保つためにもしっかり対策をしましょう。

 

乾燥肌対策について⇒

 

乾燥肌の原因関連ページ

乾燥肌とは
乾燥とはなんなのか乾燥肌について説明しています。
乾燥肌対策
乾燥肌の対策について紹介しています。乾燥肌をうるおす正しいケアで美肌をめざしましょう。