乾燥肌とは

乾燥肌とは

乾燥肌とはなんでしょうか?

 

健康な肌では角質層に約30%の水分が含まれますが、これが30%以下になったのが乾燥肌です。
空気が乾いてきて、湿度が30%以下になると、角質層から水分が蒸発しやすくなります。ただし、
人間の肌には、水分を守る「保湿成分」がもともとあり、それがきちんと働いていれば、湿度が0%
になっても、水分は蒸発しません。保湿成分をつくる力が低下すると、肌は乾燥するのです。

 

つまり、保湿成分が正常に働かなくなり、水分が異常に低下したのが乾燥肌です。保湿成分は、
年齢とともにその生産量は減ってくるので、角質層の水分量も同時に減り、年を重ねるにしたが
って、肌は乾燥しやすくなっていきます。

 

油分が少ないのを乾燥肌だと思っている人もいますが、それは間違いです。乾燥するかどうかという
のは水分が多いか少ないかをいっているので、油分が多い、少ないではありません。乾燥肌の
反対は、オイリー肌と思っているも間違いです。

 

人間の水分保持能力は年齢を重ねると同時に、どんどん低下します。水分がなくなれば潤いが
なくなり、乾燥しやすくなりシワもできやすく皮膚もたるんできます。これこそが老化現象からくる
乾燥肌のパターンです。何もしないと年齢を重ねると嫌でもなる乾燥肌ですからスキンケアの重要性
をきちんと認識する事が大切です。

乾燥肌とは関連ページ

乾燥肌の原因
乾燥肌の原因や健康な肌状態と乾燥肌の違いに ついて紹介しています。
乾燥肌対策
乾燥肌の対策について紹介しています。乾燥肌をうるおす正しいケアで美肌をめざしましょう。