生理とホルモン

生理とホルモン

女性ホルモンの変化が肌に大きな影響を与える

女性の体は、月に一度排卵して生理があるという、複雑なしくみをもっているので、病気も
複雑になります。

 

1ヶ月の中で大きく変化するだけでなく、初潮がきてから閉経まで、女性ホルモンは年々
少しずつ変化し続け、また、妊娠と出産のときにはさらに劇的に変化します。このような
女性ホルモンの変化は、当然肌にも大きな影響をあたえます。

 

女性ホルモンには大きく分けて「黄体ホルモン(プロゲステロン)」と「卵胞ホルモン(エスト
ロゲン)の2種類があることを知っておきましょう。

 

「黄体ホルモン」が肌の不調をもたらす

「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、生理前に分泌されるホルモンです。この黄体ホルモ
ンは、皮脂分泌を増やしてニキビやシミをできやすくするといわれています。むくみやイライラ
もこのホルモンが原因となっています。

 

生理前の肌は、ふだんよりも敏感になるので、美白やアンチエイジングなどのお手入れは
控えましょう。保湿中心のシンプルなケアがおすすめです。ただ、シミができやすいので、
UVケアはしっかり行ってください。

 

生理前にニキビができる人が多いのは、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が増えることが
関係しています。この時期は、洗顔で皮脂をきちんと落として、油分の少ない化粧品で
保湿することが大切です。

 

でも大人ニキビができるのは、ストレスや不規則な生活によるホルモンバランスの乱れが
最大の原因です。ふだんの生活が不規則だったり、日ごろからストレスがたまっていると、
生理前の肌や体調の不安定が、いっそう強まってしまうのです。

 

「卵胞ホルモン」が肌の好調をもたらす

もう一つの女性ホルモンの「卵胞ホルモン(エストロゲン)」は、生理後に分泌が高まる
ホルモンで、肌をみずみずしくうるおして、コラーゲンを増やすなどの作用があります。
美肌はエストロゲンに大きく影響されているのです。

 

エストロゲンの働きは、生理周期をキープして妊娠に向けた体づくりをすることです。
そのため、無理なダイエットをしたり過度なストレスがかかると、エストロゲンが低下し、
生理不順が起こり、肌の老化が早まってしまいます。生理は、美肌と健康の
バロメーターともいえるのです。

 

エストロゲンは生理の始まる思春期ごろから急に増え、30代後半から減り始めます。
そして閉経を迎えるころには急激に低下してしまいます。この分泌量を守るには、
健康的な生活を送ることが大事です。

 

また、大豆などの女性ホルモン様作用のある食品も老化を遅らせるのに役立ちます。
納豆を1日1パック、または豆腐半丁くらいを目安に摂取しましょう。

 

とくに、エストロゲンの分泌が高まる生理後のはでゃ、とても安定しているので、美白や
アンチエイジングなどの「攻め」のお手入れをするのにうってつけです。また、新しい
化粧品を試す時期としてもいいでしょう。

生理とホルモン関連ページ

美肌と睡眠について
美肌になるには睡眠をよくとり、寝不足にならないようにしましょう。
美肌に食はかかせない美肌と食事について
美肌のための食事とは、いろいろな栄養素をバランスよくきちんととり、それが体の中で充足して はじめて、その効果が現われるものです。 美肌と食べ物はつながりがあるともいえるでしょう。
美肌に飲み物はかなり重要
美肌に飲み物はかなり重要です。温かい飲み物を 飲んで美肌になりましょう。
美肌と運動
肌状態をよくするには運動が近道です。全身の血行、代謝がよくなれば、肌状態もよくなり、トラブルを防げます。美肌になるためには運動を適度にすることが大切です。
美肌と入浴
美肌を保つための入浴方法を紹介しています。
ストレス
ストレスによる肌トラブルを招かないように、 しっかりストレス対策をしましょう