毛穴スキンケアテクニック

毛穴スキンケアテクニック

毛穴スキンケアテクニック

 

毛穴スキンケアテクニックをタイプ別に紹介します。

 

type1 詰まり毛穴
毛穴の黒ずみ(ブラックヘッド)や、ザラザラの正体である角栓をできにくくするケアを。ピーリングや
酵素洗顔料で、余分な角質を取り除きましょう。ピーリングは自宅でもできますが、皮膚科で受け
るもののほうが、より高い効果が得られます。酵素洗顔料は、スクラブを含まない、刺激の弱い
タイプを選びましょう。

 

酵素洗顔やピーリングコスメなどでケアしていても、毛穴がザラザラ詰まって気になるときは、貼って
はがすタイプの毛穴パックやクレイマスクなどを活用するのもいいです。ただし毛穴パックは刺激が
強いので、2週間に1度ぐらいが目安です。クレイマスクなら、1週間に1度くらいを目安にして
下さい。

 

 

type2 たるみ毛穴
コラーゲンを増やす効果が高いのは、レチノールを含む美容液です。使いはじめはカサつく感じが
しますが、続けていくと肌が慣れます。敏感肌の人は、様子をみながら回数をふやしていきます。
ピーリングやビタミンCイオン導入も効果的です。

 

 

type3 開き毛穴
もともとの毛穴サイズを小さくすることはできないので、これ以上めだたせないためのケアをおこない
ます。レチノールやビタミンC誘導体配合の化粧水、レチノール誘導体配合の化粧水、レチノール
配合美容液で基本のケアをおこない、1〜2週間に1度はピーリングを。コラーゲンが増え、毛穴の
開きが予防できます。角栓とりのパックは、逆に穴を開かせるのでやめましょう。

 

 

type4 脂漏性皮膚炎タイプ
肌が敏感になり、トラブルがおきやすいタイプなので、刺激の強い化粧品は避けましょう。ビタミンC
誘導体配合の化粧品なら、少ない刺激でシワやシミなどを予防できるのでおすすめです。また
脂っこい食事はできるだけ控えましょう。

 

食べるスキンケア

全タイプ共通でできる食べるスキンケアです。毛穴に効く食べ物で体の中からケアしましょう。

 

どのタイプの毛穴も、皮脂が多いと詰まりの原因となり、よけいに目だったり悪化したりします。
皮脂分泌を抑える栄養素をとるとよいでしょう。

 

ビタミンB1は、炭水化物の代謝を助ける栄養素。炭水化物がきちんと代謝されないと、皮脂が
過剰に分泌されるので、それを予防します。豚肉やピーナッツ、うなぎなどに豊富に含まれます。

 

B2は、皮脂の分泌をコントロールするのに、とても有効な栄養素です。豊富に含む食品は、うなぎや
レバーです。

 

オーバーカロリーになると、皮脂は余分に分泌されてしまいます。肉はゆでる、煮るなどの調理法
にして油ものを控え、あまいもののとりすぎにも注意してください。

毛穴スキンケアテクニック関連ページ

毛穴はなぜ目立つのか
毛穴はなぜ目立つのか?顔の毛穴が目立つのはどうしてか説明しています。
毛穴の種類
毛穴の種類を紹介します。あなたの毛穴はどのタイプでしょうか?自分の毛穴のタイプをチェックしましょう。
毛穴の黒ずみの正体は
黒く見えて目立ってしまう毛穴にお困りの方に毛穴の黒ずみの正体について紹介しています。
毛穴黒ずみ解消法
毛穴を目立たせたくない人に毛穴黒ずみ解消法の紹介です。しっかりお手入れして毛穴黒ずみの悩み解消です。