くすみ解消スキンケア方法

くすみ解消スキンケア方法

角質肥厚が原因でくすみを起こしている場合のスキンケア
本来は保湿が必要ですが、角質が厚く硬くなった状態で、美容液などを塗ってもなかなか浸透
しません。そのため、一度、古い角質をピーリングで取り去ると、美容液などの有効成分も
浸透しやすくなり、くすみを緩和できます。
ただしピーリングを行ったあと、必ずセラミドの保湿成分を配合した美容液などで保湿することを
忘れないようにします。

 

乾燥によるものが原因の場合のスキンケア
乾燥した肌の角層は、グレー味が強く出る傾向にあることがわかっています。これは、とくに冬に
多いくすみの原因です。なぜなら、気温が下がると血行が悪くなり、代謝が悪くなったり栄養や
酸素が行き渡らなくなり、乾燥しがちだからです。
この場合、保湿を行うと緩和されます。セラミドやヒアルロン酸など保湿効果のある成分が配合
された美容液でケアします。すると早い段階で肌が明るく見えるようになります。

 

血行不良が原因の場合のくすみのスキンケア
肌色というのは、血液に酸素が充分に行き渡っているときは、明るくピン具がかった血色のよい
肌色になります。しかし血行が悪くなると、酸素不足で血液の色が暗くなり、メラニンの黄味や
角層のグレー味が強くなり、くすんで見えるのです。
そのため、改善方法としては、血行を促すマッサージがもっとも有効です。マッサージクリームを
塗り、やさしく行いましょう。ツボ押しや適度な運動も全身の血行をよくするので効果的です。

 

どうしてもくすみの気になる朝のスキンケア
朝、メイクしようとしたら、顔色がどんよりしている・・・そんな悩みにおすすめなのがパックです。
パックには、肌を密閉して有効成分を肌内にグッと押し込む効果があり、即効性が期待でき
ます。パックにもいろいろな種類がありますが、くすみの原因である乾燥と血行不良を緩和
するには保湿、またはアンチエイジングのタイプを選ぶといいでしょう。アンチエイジングのパック
なら、元気のない肌に活力を与えて血流を活性化させて、保湿力を兼ね備えています。
シートタイプのパックを使うときは、使用時間の目安を守りながら使用します。
パックのように時間をおくケアは、好きな音楽を聴いたりアロマの香りを楽しみながらゆったり
しながら行うとよいでしょう。

くすみ解消スキンケア方法関連ページ

くすみの原因
くすみの原因について紹介しています。原因により改善方法が異なるので、自分はどのくすみのタイプにあてはまるかしっかり見極めましょう。
くすみ解消食べるスキンケア
くすみ解消するために、原因別に必要な食べ物の栄養素について紹介しています。食べるスキンケアでくすみ解消!