くすみの原因

くすみの原因

くすみはどんなときに生じるのか。一つは、古い角質がたまって角質が厚くなっている場合。これは、
角質肥厚と呼ばれ、古くなった角質がはがれ落ちず、肌表面に残った状態をさします。ターンオー
バーが低下したときなどによく見られます。角質細胞そのものが若干黒みを帯びているので、
厚く重なると灰色がかって見えるのです。

 

二つめは、「乾燥」による場合。肌は乾燥して水分を失うとバリア機能が低下します。そしてそれを
補うために、角層が厚くなってくるのです。すると角質肥厚と同じ状態になり、肌はくすんで見えます。

 

三つ目は「血行不良」が原因の場合。睡眠不足などで血流が滞ってしまうと、血色が悪くなり、
肌がくもって見えることがあります。

 

その他に、紫外線による軽い日焼けのようなものや、摩擦による炎症性色素沈着なども、「くすみ」
としてとらえられることがあります。

 

これらのように、くすみにはいくつもの原因が考えられます。原因により改善方法が異なるので、
自分はどのくすみのタイプにあてはまるか見極めることが必要になってきます。

 

⇒くすみ解消スキンケアはこちら

くすみの原因関連ページ

くすみ解消スキンケア方法
くすみ解消のスキンケア方法について紹介しています。原因別にくすみのスキンケア方法がわかります。
くすみ解消食べるスキンケア
くすみ解消するために、原因別に必要な食べ物の栄養素について紹介しています。食べるスキンケアでくすみ解消!