リキッドファンデーション・フェイスパウダーの塗り方

リキッドファンデーション・フェイスパウダーの塗り方

リキッドファンデーション・フェイスパウダーを塗りましょう

下地クリームをつけ終わったら、まずはリキッドファンデーションを塗ります。真珠粒ぐらいの量が目安
ですが、商品やメーカーによって異なるため、必ず確認をします。塗り方のポイントを押さえましょう。

 

「リキッドファンデーション・フェイスパウダー塗り方手順」

 

1.中心から外側へのばします
リキッドファンデーションを手の甲に真珠粒くらいの量を出します。中指と薬指でなじませ、顔の中心
から外側に向かって均一にのばしていきます。

 

2.ほお全体に扇状にのばします
ほお全体に扇状になるように薄づきになるようにのばしていき、ファンデーションをフェイスラインに沿って
薄くなるように塗ります。

 

3.反対側も同様にのばす
反対のほおも同様にほお全体に扇状に薄づきになるようにのばしていき、フェイスラインに沿って薄く
なるように塗っていきます。

 

4.付け足さず、細かい部分に
ファンデーションを付け足さず、あごの下、鼻の下、口のまわりなど細かい部分を丁寧に塗っていきます。

 

5.おでこの中心におき、左右に
おでこの中心にファンデーションをおき、左右にぼかすように塗っていきます。

 

6.はえぎわは薄くのばして境目を自然に
髪のはえぎわの部分には、入れ込むような感じで塗っていきます。こうすると境目も自然に仕上がり
ます。

 

7.付け足しておでこから鼻筋へ
ファンデーションをつけ足して、おでこの中心において鼻筋を通すように塗っていきます。

 

8.小鼻にもぬります
鼻筋を通すように塗ったら、その流れで崩れやすい小鼻の部分を丁寧に塗っていきます。

 

9.まぶたはごく少量付け足して
まぶたには極少量のファンデーションをつけ足して、薄くのばすように塗っていきます。

 

10.残ったファンデーションで目の下を
指に残ったファンデーションで目の下を塗っていきます。ここも崩れやすいので薄くのばすようにしま
しょう。
塗り残しチェック
小鼻の下の部分の塗り残しがないか、塗り方手順10.のあとに要チェックしましょう。

 

11.スポンジで眉をなぞります
眉毛はファンデーションが溜まりやすいので、スポンジで眉をなぞっていき、眉についたファンデーションを
取り除きます。

 

12.おでこのファンデをはえぎわに
フェイスラインの部分をぼかしていきます。まず、おでこにスポンジをおき、生え際に向かってぼか
していきます。

 

13.首とフェイスラインをぼかす
スポンジで首とフェイスラインの境目をぼかして、顔と首の境目を目立たなくさせます。

 

14.パッティングをしっかりして
軽くパッティングをすることにより、余分なファンデーションを取り除き、かつ密着感も増します。

 

15.おでこもパッティングを
おでこはスポンジの広い面を使い、念入りにパッティングを。おでこは特に崩れやすい部分なの
で気をつけましょう。

 

16.小鼻など細かいところもパッティング
小鼻など崩れやすい細かいところも、力を入れ過ぎないようにパッティングしていきます。

 

17.目の上も軽くパッティング
目の上もスポンジで軽く、力をいれないようにパッティングしてなじませていきます。

 

リキッドファンデーションをしっかり塗ったら、仕上げにフェイスパウダーをのせましょう。
18.全体に軽くすべらせるように
粉は必要以上に厚ぼったくなくてOKです。仕上がりはパフを中央から外側にむけて全体に
軽くすべらせるように塗っていきます。

 

19.おでこにもつけます
パフにお粉をつけたさず、おでこにも同様にすべらせるように塗っていきます。

 

 

 

リキッドファンデーション・フェイスパウダーの塗り方関連ページ

ファンデーションの種類
ファンデーションの種類について紹介しています。 自分にあった質感のものを選びましょう。
下地の塗り方
下地の塗り方を紹介しています。下地の塗り方の手順がわかります。
パウダーファンデーションの塗り方
パウダーファンデーションの塗り方を紹介しています。パウダーファンデーションの塗り方の手順をわかりやすく説明しています。
ポイントメイク
ポイントメイクは、ベースメイクの次に行う、パーツのメイクのことをいいます。ポイントメイクの順番と基本を紹介しています。