佐伯チズ式スキンケアに必要な道具

佐伯チズ式スキンケアに必要な道具

佐伯チズ式スキンケアに必要なもの

 

コットン

ローションパックのほか、クレンジングや白粉をつけるときにも大活躍するコットン。国産綿100%
で毛羽立ちが少なく、薄く裂けているものがおすすめです。これらの条件を満たした
「佐伯チズ式スキンケア専用コットン」も発売中です。

 

綿棒

アイクレンジングや目の縁ににじんだ涙を吸い取るのに重宝するのが綿棒。さまざまなタイプの
ものがあるので、数種類を揃えておくと便利です。外出先でも使えるようにポーチに
コットンと合わせて入れておくと、目元のケアが簡単にできます。100円ショップのものでも
充分です。

 

軍手

かかとやひじなど、末端のケアに使います。手の一部となり、ボディをすみずみまできれいに
洗いあげてくれます。綿100%のものを用意します。

 

ゼリー容器

お中元などでいただくようなゼリーの容器を使います。容器に水を張って凍らせれば、ほてった
肌の「粗熱」をとってクールダウンさせる「冷ケア」の道具に。熱い季節には冷凍庫に2〜3個は
ストックしておきます。

 

保冷剤

ゼリー容器と同様に、※「冷ケア」で用いるのが保冷剤。「携帯用」として使えます。凍らせた
保冷剤をハンカチタオルに包んで、ジッパー付きのビニール袋に入れて持ち歩けば、外出先でも
「肌の鎮静」が可能です。

 

鶴頸スポイト

鶴頸スポイトとは大型雑貨店や園芸ショップなどで扱っている、ノズル付きの容器。これは
※「ウォーターマッサージ」で使います。ピンポイントで肌に「水圧」をかけることで、筋肉レベル
から肌を活性化させる優れものです。

 

 

ラップとシャワーキャップ

ローションパックの上から、鼻と口の部分を開けたラップをかぶせれば、体温がこもって
スチーム」が発生し、肌がよりプルプルになります。シャワーキャップは、かかとの保湿ケアに
使えます。

 

あなたの手と指

究極の道具。それは、あなた自身の「手と指」です。触診による顔チェックから始まり、洗顔や
マッサージ、化粧品を温めたり、クリームや美容液やリキッドファンデーションなどを塗りこむ
ステップまで、佐伯式スキンケアでは指先から手のひらまでをフルに使います。

 

※冷ケアとは、ゼリーの空き容器で大きめの氷をつくりラップでくるみ肌表面にあてて鎮静さえることです。

 

※ウォーターマッサージとは、鶴頸スポイトに水を入れて、勢いよく肌の奥を刺激するつもりで
水をあてる。筋肉の流れにそって行うことが大切です。シャワーだと水の力が分散するので
おすすめできません。また、水分と油分のバランスがとれて、肌のキメが整います。

佐伯チズ式スキンケアに必要な道具関連ページ

佐伯チズ式スキンケアに必要な基礎化粧品
佐伯チズ式スキンケアで使う、美肌のための主な基礎化粧品を紹介しています。
佐伯チズ式クレンジング方法(ポイントメイク)
佐伯チズ式クレンジング方法を紹介しています。 しっかりクレンジングしましょう。
佐伯チズ式クレンジング方法(顔全体)
佐伯チズ式クレンジング方法を紹介しています。 顔全体のクレンジング方法です。
佐伯チズ式洗顔方法
佐伯チズ式洗顔方法を紹介しています。洗顔時は耳のケアも忘れずに行います。
佐伯チズ式 温ケア・冷ケア
佐伯チズ式温ケア・冷ケアの紹介です。温ケアと冷ケアを交互に行えば、一種の筋肉運動となり、肌が内側から活性化します。
佐伯チズ式スキンケアローションパック
佐伯チズ式ローションパックのやり方を紹介しています。化粧水と水とコットンさえあれば簡単にできるので、ぜひマスターしてください。
佐伯チズ式美容液塗り方(顔全体)
佐伯チズ式美容液の塗り方を紹介しています。顔全体の美容液の塗り方です。朝晩のスキンケアに取り入れるとよいでしょう。
佐伯チズ式美容液の塗り方(目元・口元)
佐伯チズ式美容液の塗り方を紹介しています。 目元・口元の美容液の塗り方です。
佐伯チズ式 乳液またはクリームの塗り方
佐伯チズ式乳液やクリームの塗り方を紹介しています。スキンケアの締めくくりとなるのでしっかりと行いましょう。