ニキビのスキンケアテクニック

ニキビのスキンケア

正しいニキビのスキンケアテクニックを紹介します。

 

ケア1

毎日6時間以上の睡眠はぜったい確保
睡眠不足になると肌の免疫が低下します。ニキビができてしまう原因であるホルモンバランスの乱れを
正すには、生活スタイルの改善が最優先です。どんなに忙しくても、毎日6時間以上のの睡眠を確保
しましょう。

 

ケア2

油分を控えたスキンケアを
アクネ菌は、脂を栄養として繁殖します。そのため油分の多い化粧品をつけると、ニキビが悪化する
ことがあります。ニキビ肌の人は、オイルやクリームなどは控えましょう。ただし、化粧水はきちんと
つけましょう。なるべく水分を与えて、肌をやわらかく保つことがニキビ予防には必要です。
余分な皮脂は洗顔でスッキリ落とし、油分の少ない保湿美容液をつけるようにします。
油分の中でもアクネ菌の栄養になりにくい油分だけで作られた化粧品もあります。「ノンコメドジェ
ニック」と表示されているものなどを目安に試してみてもよいでしょう。

 

ケア3

ビタミンC誘導体でニキビのできにくい環境をつくる
ニキビのできやすい人は、ビタミンC配合の化粧水を使うのも効果的です。ビタミンCには若干ですが
皮脂を抑える効果があり、ニキビ予防に役立つからです。ニキビ跡の赤みを薄くする作用も期待
できます。

 

ケア4

生理前ニキビを防ぐためピーリング化粧品を使う
ニキビを防ごうと、スキンケアをしっかり行い、生活を見直していても、できてしまうときは、たいてい
生理前の時期が多いようです。生理前はホルモンバランスの変化により、ニキビができやすく
悪化しやすい時期です。この時期はスペシャルケアとして、ピーリングを取り入れてみましょう。
ピーリングは余分な角質をはがす作用があるので、毛穴が詰まりにくくなるのです。
AHAなどが配合されたピーリング用の石鹸がおすすめです。

 

ケア5

油分の少ないファンデーションをチョイス
油分の含まれているクリームタイプのファンデーションを使うと、ニキビが悪化することがあります。
とくにオイリー肌の人は、パウダータイプのファンデーションか、粉おしろいにどどめたほうが無難です。
なるべく油分の少ないファンデーションを選びましょう。ニキビ肌に向くファンデーションはパウダータイプ
です。

 

 

ケア6

ニキビを寄せつけない栄養素をたっぷりとる
ニキビは、体内バランスの乱れから、毛穴の出入り口がふさがれてしまう角化異常を起こす
ことから始まります。予防は、皮脂の分泌を抑える食事がポイントになります。
ニキビ予防には、ビタミンB1、B2。さらにビタミンEの栄養素をとるとよいです。また、便秘も
ニキビの原因となるので、スムーズなお通じのために食物繊維を積極的にとりましょう。

 

ニキビのスキンケアテクニック関連ページ

ニキビの原因
ニキビの原因について解説しています。思春期ニキビと大人ニキビの違いについても紹介しています。
ニキビのできるプロセス
ニキビのでき始めから、白ニキビができ、炎症を起こして、ニキビ跡ができるまでの段階について解説しています。
ニキビの種類
ニキビの種類について紹介しています。ニキビにもいろいろな段階があります。
ニキビはどこにできるのか
ニキビはどこにできるのか。ニキビができやすい部位について解説しています。
ニキビができるまで
ニキビができるまでを説明しています。ニキビは、皮脂の分泌が活発になることに加え、毛穴の角質が分厚くなって毛穴に皮脂がたまることがきっかけで起こります。
大人ニキビの原因
大人ニキビの特徴と大人ニキビの原因について解説しています。生活習慣を見直し大人ニキビを改善しましょう。
思春期のニキビの原因
思春期ニキビの特徴と思春期ニキビの原因について紹介しています。しっかりニキビ対策しましょう。
ニキビ治療方法
ニキビ治療方法について解説しています。ニキビを「治す」のではなく「予防する」ことがニキビ治療であると心得ましょう。
ニキビ跡ケア
ニキビ跡と呼ばれているものには、大きく分けて3つあります。それぞれのニキビ跡のケア方法について解説しています。
ニキビの薬
ニキビに使われる飲み薬と塗り薬を紹介しています。
大人ニキビの正しいケア
大人ニキビの正しいケア方法について紹介しています。潤いを与えるスキンケア方法で、食事や睡眠など生活習慣を見直し大人ニキビを治しましょう。
背中や胸のニキビ原因と予防
背中のニキビや胸のニキビの原因や予防法、ニキビのお手入れ法を紹介しています。