シミケア

シミケア

シミのタイプに合わせたお手入れや治療を行ってください。自分のシミがどのタイプに該当するのか、
よく見極めましょう。まずは自分のシミタイプを判定してみましょう。

 

シミのタイプ シミの特徴 シミの治療法

老人性色素斑

 

 

長年にわたって浴びた紫外線
の影響でメラニン色素が増え、薄茶色から茶褐色のシミと
して出てくるもの。シミの中でもっとも多いタイプ。

ごく初期のうっすらとしたものには、美白化粧品が有効です。ただし、定着してしまったものは、皮膚自体が変化しているため化粧品では消せない。シミの輪郭がはっきりしてきたものは、レーザー治療でないと消せない。

脂漏性角化症

 

シミからさらにイボのように盛り上がってきたもの。よく見るとイボの表面はボツボツとしているのが特徴。手の甲などにできる茶色いシミもこれに相当するものが多い。

皮膚の形態そのものが変化してしまっているため、美白化粧品は効果がない。
レーザー治療のほか、液体窒素による凍結療法で消せる場合もある。

雀卵斑(そばかす)

 

遺伝的なもので、鼻を中心に小さなシミが散らばってきます。ひとつひとつは丸ではなく、そばがらのかすのような三角や四角です。日本人でも色白の人に比較的多い。

レーザーで治療すればきれいに消すこともできるが再発することもある。
理論上では、美白化粧品の効果が出るはずだが、遺伝的要素が強すぎるためか、あまり薄くならないようで、美白化粧品の効き目はあまりよくない。

炎症性色素沈着

 

ニキビや傷、虫刺されなどで炎症ができたあとが茶色く残ったもの。つぶしたニキビのあとが、頬〜あご周辺に残るケースがめだちます。 早く消すにはピーリングがとても有効です。また、美白化粧品を併用することもおすすめです。

肝斑(かんぱん)

 

女性ホルモンのバランスがくずれるためにできるもの。形はもやもやとはっきりせず、頬骨を中心に左右対称にできます。 レーザー治療は不向き。トラネキサム酸という薬を数か月服用すると、薄くなることが多い。ピーリングや美白化粧品も有効ですので、内服と併用すると、より早く効果が現われます。漢方薬が有効なことも。

花弁状色素班

 

 

海などで急に日焼けしたあとに、肩から背中にかけてできるシミをさす。よくみると、花びらのような形をしています。 美白化粧品ではほとんど消えることはなく、あまり効果があるとはいえない。レーザー治療が確実で、そのほかの方法で消すことは難しいようです。

シミケア関連ページ

シミの種類
シミの種類について紹介しています。シミの種類はいろいろあります。
シミの化粧品
シミに効く化粧品について紹介しています。選び方のポイントを解説しています。
美白化粧品はシミのお手入れに一年中使う
シミのお手入れに使う美白化粧品の使い方を説明しています。自分に合った美白化粧品を使いましょう。
シミ予防
シミ予防にパウダーメイクをしっかりしましょう。シミの予防方法について紹介しています。
シミ取り
シミ取り方法について紹介しています。ピーリングは美白効果を高めます。
シミを作らせない食べ物
シミを作らせない食べ物、シミに効く食べ物を 紹介しています。シミ予防に有効な食べ物を食べて シミを作らせないようにしましょう。