シミの化粧品

シミの化粧品

シミには美白成分を含む化粧品を選ぶ

 

美白化粧品とは、美白成分がきちんと配合されているものをさします。ただ雰囲気だけで選んでいると、
美白成分が入っていないこともあるので、よく確認してから購入しましょう。

 

美白成分は、紫外線にあたると、肌の中で「メラニンを作れ」という指令が出ます。そこでメラニン色素が
つくられ始めるのですが、このメラニン色素を製造するプロセスを、どこかの段階で抑えるのが美白成分
の働きです。ただし々美白成分とはいえ、成分により働きかけるタイミングが異なります。

 

美白というと、肌全体を真っ白にしてくれるものと思われがちですが、それは誤解です。

 

メラニンの生成を抑えるのが美白成分の働きですから、ニキビ跡の赤みなど、メラニン色素によるもの
でない色は白くすることができません。ただし、ビタミンC誘導体は、ニキビ跡の赤みに有効です。

 

シミをつくらないためにはたしかな美白成分が入っている化粧品を選ぶ

 

 

美白化粧品はどう選ぶ?

 

美白化粧品には医薬部外品指定成分が含まれているものと、そうでないものがあります。必ずしも
医薬部外品のほうが効くというものではないですが、自分で選ぶ自身のない人は、医薬部外品から
選ぶのも一つの方法です。

 

美白成分があり、それらを配合した美白化粧品も無数にあります。その中から、自分の肌に合う、
そして効果のある一本を選ぶにはどうしたらよいのか?それは、肌で試しながら探していくしかありません。
なぜなら、人によって成分との相性があり、効果の出方が違うからです。

 

そのほかにも、肌に合う・合わないが人によって違うこともあります。そのため、自分の肌で試して確認
していくしか方法がないのです。

 

ちなみに美容皮膚科でよく使われているものは、ビタミンC誘導体やカモミラETなどの抗炎症効果の
ある成分のものです。かぶれにくく、アンチエイジング効果も期待できるためです。

 

美白化粧品は肌で試しながら選ぶのがポイント

シミの化粧品関連ページ

シミの種類
シミの種類について紹介しています。シミの種類はいろいろあります。
シミケア
シミのタイプに合わせたシミのケア方法について紹介しています。自分のシミがどのタイプに該当するか自分のシミタイプを判定してみましょう。
美白化粧品はシミのお手入れに一年中使う
シミのお手入れに使う美白化粧品の使い方を説明しています。自分に合った美白化粧品を使いましょう。
シミ予防
シミ予防にパウダーメイクをしっかりしましょう。シミの予防方法について紹介しています。
シミ取り
シミ取り方法について紹介しています。ピーリングは美白効果を高めます。
シミを作らせない食べ物
シミを作らせない食べ物、シミに効く食べ物を 紹介しています。シミ予防に有効な食べ物を食べて シミを作らせないようにしましょう。