シミの種類

シミの種類

シミの種類はいろいろある

 

一般にシミと呼ばれるものには、医学的にいうと、老人性色素班、脂漏性角化症、雀卵斑(ソバカス)、炎症性色素沈着、肝斑、花弁状色素班などが含まれます。

 

シミといわれるもののなかで、もっとも多いのが老人性色素班です。日光性黒子ともいい、紫外線の影響でできるものです。

 

老人性色素班から次第にイボのように盛り上がってきたものを脂漏性角化症と呼びます。

 

雀卵斑(ソバカス)は、小さいシミのことを呼んでいますが、厳密には遺伝的なもののみソバカスといいます。10代のころからでき始め、小さい茶色い色素班が、鼻を中心に散らばるようにできます。

 

炎症性色素沈着は、ニキビ痕や傷の痕などが、茶色くシミになって残ったものです。足にできた虫刺されがしばらくシミのようになって消えないことがありますが、それも同じものです。

 

肝斑は、頬骨の部分に、モヤモヤと左右対称にできることが多く、色は茶色、灰色など様々です。鼻の下や額にでることもあります。

 

花弁状色素班は、海などで急に日焼けしたあとに、肩から背にできる小さなシミでよく見ると花びらのような形をしています。

 

自分のシミがどれにあてはまるのかによって、できる原因やお手入れ方法が変わってきます。

 

詳しいシミの種類についてはこちらへ⇒

シミの種類関連ページ

シミケア
シミのタイプに合わせたシミのケア方法について紹介しています。自分のシミがどのタイプに該当するか自分のシミタイプを判定してみましょう。
シミの化粧品
シミに効く化粧品について紹介しています。選び方のポイントを解説しています。
美白化粧品はシミのお手入れに一年中使う
シミのお手入れに使う美白化粧品の使い方を説明しています。自分に合った美白化粧品を使いましょう。
シミ予防
シミ予防にパウダーメイクをしっかりしましょう。シミの予防方法について紹介しています。
シミ取り
シミ取り方法について紹介しています。ピーリングは美白効果を高めます。
シミを作らせない食べ物
シミを作らせない食べ物、シミに効く食べ物を 紹介しています。シミ予防に有効な食べ物を食べて シミを作らせないようにしましょう。