肌のしくみ

肌のしくみ

肌のしくみ

表皮

皮膚のいちばん表面の部分が、表皮です。表皮の主な働きは、保護作用です。肌のうるおいを保つとともに、バリアとなって外的刺激から肌を守っています。

 

 

真皮

表皮の下の部分にあります。約70%はコラーゲンとよばれる繊維でできています。主な働きは、クッションのように肌の弾力やハリを保つことです。いわば肌の土台です。

 

 

皮下組織

真皮の下にあるのが皮下組織です。脂肪がたくさんあって、表皮と真皮の働きを支えています。

 

 

汗腺

汗を分泌する細胞の集まりが汗腺です。汗腺はアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類です。

 

 

毛細血管

真皮全体にあって、表皮と真皮の境目まできています。表皮のいちばん下の層の所まで栄養や酸素を送って、新陳代謝を活発にさせています。

 

 

皮脂腺

皮脂を分泌する細胞の集まりが皮脂腺です。皮脂腺で作られた皮脂は、毛穴の中に分泌され、毛をたどって、肌の表面に排出されます。

 

 

毛包

皮膚の付属器官として毛包があります。毛包と皮脂腺はつながっています。本来は、分泌された皮脂は毛包を通って、皮膚表面に開いた毛穴から排出されますが、毛穴がふさがれてしまい、毛包内に皮脂がたまってしまうと、ニキビが発生してしまいます。

 

肌は3つの層からできている

肌は、表面側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という、3つの層からできています。「表皮」は、外界に触れる一番表面の層で、刺激から肌を守りながらうるおい力の決め手となります。「真皮」は、表皮の下で、土台となりふっくら肌の決め手となります。真皮の70%を占めている主成分がコラーゲンです。さらに真皮の下にあるのが「皮下組織」で、クッションや体温の維持を担当しています。これらの中で美肌をつかさどる重要な場所が「表皮」と「真皮」になります。

 

 

美肌に重要な「角質層」

表皮の中は、「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」の4つの層に分かれています。角質層の下には、最終的には角質細胞へと変化する表皮細胞が連なる「顆粒層・有棘層」、その下には、表皮細胞をはじめ、紫外線から肌を守るために欠かせないメラのサイトなどを生み出す「基底層」が続きます。

 

美肌のためにもっとも重要なのが「角質層」です。角質層は、皮膚のいちばん外側にある部分で、厚さはわずか0.02mmほど。角質細胞が何層も重なってできていて、その層の中に約20%〜30%の水分が保たれています。角質層はバリアのように体を覆い、外からの刺激が体内に入らないように守ったり、体内から水分が蒸発しないようにしたりしています。角質層で肌が絶えず入れ替わることによって、すこやかな肌やうるおいが保たれているのです。

 

 

「真皮」は肌の弾力を保っている

肌のうるおいを担うのが「表皮」であることに対し、「真皮」は、肌のハリや弾力を内側から支える土台として働いています。若々しい肌の元ともいえる層です。真皮の主成分はコラーゲンです。コラーゲンはゴムのように弾力のある線維状の成分で、真皮の中に網目状に存在し、それをエラスチンという別の線維が支えています。この構造により、肌の弾力が保たれています。

 

ヒアルロン酸はゼリー状の物質で、コラーゲンやエラスチンの間を埋め尽くしています。すぐれた保湿力があるため化粧水などによく配合されますが、ふつう化粧水が浸透するのは角質層までで、真皮のヒアルロン酸が補給されるわけではありません。

 

 

表皮を支える真皮がダメージを受けると、肌表面にはたるみやシワが現われて老化した肌になってしまいます。

肌のしくみ関連ページ

スキンケア順番
スキンケアの順番の説明です。しっかり順番を守ってスキンケアしましょう。
肌診断
肌診断が自分で簡単にできます。自分に合った お手入れ方法を見つけるために、肌タイプを 知りましょう。