スキンケア順番

スキンケア順番

スキンケアの順番についての説明です。

 

洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリーム

 

スキンケアの順番として油分の少ない化粧品から使うのが大原則です。油分の多い化粧品から先に
つけてしまうと、それが膜になって肌をおおい、他の化粧品が肌に浸透しなくなってしまうからです。この
順番はしっかり守りましょう。

 

ただし、メーカーにより順番が違ってくる場合もありますので、使用する前に取扱い説明書をよく読んで
おきましょう。

 

 

@洗顔
メイクは肌に負担をかけます。家に帰ったらなるべく早く落としましょう。メイクを落とすときは必ずクレン
ジング料を使うこと。
メイクをしなかった日も、一日中ずっと家にいた日も、肌はかなり汚れます。水洗いだけで済まさない
で、洗顔料を使ってきちんと洗顔しましょう。洗顔料は、クレンジング料では落ちない毛穴の汚れや
垢をきれいにしてくれます。

 

 

A化粧水
化粧水は肌にうるおいを与えて、毛穴を引き締めるものです。どんな肌タイプの人にも欠かせません。
自分の肌のタイプ別に化粧水を選んで、化粧水を使用するのは忘れないようにしましょう。

 

 

B美容液
美容液は大きく2つに分けて、化粧水で補給した水分を保つ「保湿効果」のあるものと、シミやシワ
などを改善する「美容効果」のあるものに分けられます。
水分を保つことが先決なので、どんな肌タイプの人も、まずは「保湿効果の高い」美容液を使ってく
ださい。

 

 

C乳液
脂分の膜を張り、化粧水や美容液で浸透させた成分を閉じ込めるためのものです。クリームよりも脂
分が少ないのが乳液です。乳液はサラりとしていて水分が多いです。かさついている部分だけぬります。
30代前半くらいまでは、肌本来の脂分が豊富なので、乾燥肌の人以外は無理して使用する必要は
ありません。脂分の上に油分をぬると、余った油が酸化して、老化や毛穴づまりの原因となります。

 

 

Dクリーム
乳液と同じでクリームは、お手入れの最後に使います。守る閉じ込めるお手入れをします。クリーム
のほうが油分が多く半固形状になっています。
乾燥が気になる方が使用するとよいです。夜のスキンケアに足すのもよいでしょう。

スキンケア順番関連ページ

肌のしくみ
肌のしくみと性質を知る。美しい肌になりましょう。
肌診断
肌診断が自分で簡単にできます。自分に合った お手入れ方法を見つけるために、肌タイプを 知りましょう。