たるみの種類

たるみの種類

たるみとシワの原因は同じなので、対策も同じです。ただし、その人の顔立ちなどによって、現われる
部分が異なることがあります。
たるみの現われかたには大きく分けて4種類あります。
「たるみ毛穴」「涙袋」「二重あご」「法令線」などがあります。それぞれのたるむ構造を説明致します。

 

@たるみ毛穴
初期のたるみ。多くの人が、頬などの毛穴の開きからたるみを感じ始めるようです。若いときは、
ハリのあるコラーゲン毛穴をまわりから支えています。しかしコラーゲンが緩んでくると、それを支え
きれなくなり、下まぶたの皮膚がぷくっと膨らんだように見えてしまうことをさします。

 

A涙袋
もともと薄い目元の皮膚がたるみ、眼球のまわりにある脂肪を支えきれなくなり、下まぶたの皮膚が、
ぷくっとふくらんだように見えるようになります。これが進行するとポケットのようになり、「涙袋」と呼ばれ
ます。

 

B二重あご
フェイスラインのたるみ。体重が増えたわけでもないのに二重あごになるのは一種のたるみ。頬から
あごまでが顔の中でもっとも脂肪の厚い部分で、それを皮膚が支えきれなくなると二重あごに見えます。

 

C法令線
よくシワと間違えられますが、じつはたるみが原因です。頬の厚い脂肪を支える皮膚や皮下組織が
たるんで顔全体が下がってきているのです。残念ながら、化粧品での解消は困難です。
美容皮膚科で行うヒアルロン酸注入などでないと緩和は難しいようです。

たるみの種類関連ページ

たるみ予防
たるみ予防について紹介しています。たるみ対策として毎日のスキンケアをしっかり行うようにしましょう。
二重あご予防トレーニング
二重あご予防の筋肉トレーニング方法を紹介しています。顎にかけての筋肉をしっかり鍛えましょう。
たるみ予防の食品
たるみ予防の食品について紹介しています。肌にハリや弾力をもたらす食品をとりたるみを予防しましょう!!